2011/09/21

常識を疑ってみる

オープン用のMSを仕様変更しました。
今回のコンセプトは常識を疑うための仕様変更。

フロント
カーボンステーを止めてFRPワイド1枚に
ローラーは13mmベアリングに変更
テンションバーは半分飾りのようなもので






バンパーはFRP1枚だと強度が足りないって話を聞くけど
それってどうなのよ?という疑問。
装着するFRPの種類と装着方法で解決できる内容でもある気がする。

ステーの強度は最終的にバンパー装着部からローラー軸までの強度だと思っていて
ローラーヒット時の剛性が十分あれば強度は十分じゃないんだろうか?
ともすればFRPは一枚で十分に強度出せるよねって言うのが今回の仮説。

サイドビュー
リアローラー上段の位置を下げてみた。
間のホイールスタビも廃止。
タイヤ径を28mmに変更。





立体マシンはジャンプセクションではコースフェンス間を飛びながら直進するもの
なので車体がフェンス内に残ってれば安定する。
だからタイヤ径が小さいほうが収まりが良いとは思うんです。
でも、問題となるのはローラーの位置。

上段ローラーを40mmビス等でギリギリいっぱいまで高くしていると
上段ローラーがコースフェンスを越えた状態で車体が壁に当たったときに
下段ローラーを支点にしてバランスを崩す姿が想像できます。
 それを防ぐためのホイールスタビでもあったわけですが
スタビに頼りすぎるセッティングってのはなんか違う気がします。
なのでリア上段を平面でバランスを崩さない+αぐらいの高さまで下げました。

想像ではスロープ内でのバランスが上がるはず。
そのかわり、横転時のリカバリー率は下がると思います。
セッティングによってはデジタルコーナーに弱くなるかも?

リアビュー
これは機能よりも簡素化。
スライドダンパー本体の強度は落として
上下にテンションバーを設けてサンドイッチ。





アルミの剛性は通常走行時に必要な剛性を十二分に持っていますが
コースアウト時等の瞬間的な衝撃に対する強度が足りない気がします。
なので上下をテンションバーで支えて柔軟性と強度のバランスを見ようかと

最終的な重量は129.4g
公式車両としてはそこそこ軽めだと思います。
後半戦に向けてと考えれば悪くない数字かな?





全て想像から構成してみたので
実走行してテストして導き出した結論は大きく異なるかもしれません。

が、それはそれとしてやることに意味があると思ってるので
大敗しようが失敗しようが新しいコンセプトを打ち出すって大事ですよね。
いろんなところに手を出さないと、自分の道が広がりませんしね!

5 件のコメント:

  1. あの日以来、自分もリア変えてみた!

    あの位置、イイネ。
    リアが着地時に、きれいに入ってくれた(3レーンはね!

    アルミステー、ローラー位置によってはローラーヒットでは
    曲がらなかった。(SFMだけどね。

    返信削除
  2. 確かに上段を下げれば更にロスが少なくなりそうですね。
    上手く行けば、凄そう。
    …が、美味しい話には恐らく何かがありそうな気もしますw
    実際の走りを拝見させて頂きまする。

    返信削除
  3. >>ヒロさん
    想像だとタイヤ上部から5ミリ程度上であれば十分なのかなぁ
    コースフェンスが50㎜なんだから、40mmビス使って地上高たかめに設置すると
    10mm程度離陸しただけでリアローラーが外れるのは考え物だよね

    アルミはクラフトさんなんかフラットで好んで使ってるけど
    通常の走行時の強度は素晴らしいんだよね
    限界超えたときに変形して不可逆になっちゃうけど

    >>ちょこさん
    実を言うとちょこさんのマシンからヒントを得た部分もあるw
    というのもビートのウィングを避けるためにローラー位置が下がってるでしょ?
    むしろその方が安定するのじゃないかな?って思って

    立体LCやシンガポールみたいに飛びながら曲がるのであれば
    ロール方向の姿勢制御のために、ビスの長さは必要になってくるけど
    5レーン立体の配置だと長さって実は大事じゃないような気がするんだよね

    返信削除
  4. リヤ周りを軽くしていくと、着地のおさまりが格段によくなりますね。
    僕も、どうしてもリヤはオーバーハングが長くて、物が多くなるので2度跳ねのもとになりやすいです。
    リヤのローラー高さも、僕も低めが好きです。間隔が近いほうがスラダンに付けてるといっても、ローラーの取り付け剛性も上がる気がするし、なにより30mmビスのほうが曲がりにくい気がします。
    最近は下段の高さも少し上げ目にしてます。気のせいかそのほうがフェンスに引っかけたときに復帰する確率が高いような。。

    返信削除
  5. >>RYUさん
    オーバーハングが長いとテコの力は強くなりますしね。
    これはフロントもそうですが。

    ローラー軸の上下幅と強度の関係はおっしゃる通りで
    なるべくステー部分が上下ローラーと等間隔に近いほうが剛性あがりますし
    上下ローラーの間隔が近いほうがローラー軸に対する負荷が少ないですね。

    フラットの方々に言わせればリアのローラーステーの高さや上下高で
    コーナーやウェーブのキレが変わるんだとか。
    まだまだ検証したりないことは多いですね。

    リア下段は自分も上げ目です。
    二等辺三角形はアウトリフト側にバランスを崩したほうが
    コースへの復帰率が高いと思います。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。