2014/07/01

チューンフラット用VS超大径

チューンフラットの大会であるCSK用に新車を作成しました。


ボディが完成したのでようやくアップすることができますw

新車といってもシャーシは先日の北海道HMSのままで
バンパー周りを微妙に改良したりしただけなので新車ではないのですが
ボディはファイヤードラゴンのクリアボディ、手持ち在庫も少ないので大事にしたいですね。

フロントバンパー


テンションバー式です。

テンションバーは1.5mmも必要ないと思ったので、1.0mmぐらいに割ってます。
ピン打ちの土台は端材を集めて3mmカーボンにしましたが
ローラー位置を下げることを考えたら、2.5mmくらいで良かったかもしれないです。
バンパーそのものはラメ直カーボンを使用してます。


ARやMAの低摩擦素材はスタビにすると速いんじゃないかと思ったので
紫ピニオンを3mm超まで削って圧入、その後に径を削って調整しました。
でも考えてみたら右下は食ったほうが良い気がしないでもないw


左前はいつものように選別落ちのカーボンホイールの芯を使用。
こっちは食いついても良いことが少ないと思うので滑ってほしいところです。
カーボンホイールは摩耗しにくいのでありがたいですね。


曲がった1.4mmペラシャを差し込んで衝撃によるバンパーのズレを防いでます。
井桁はここの部分が接着のみの接合なので、衝撃でたまにズレてしまいます。
といってもそんなに重要でもないので、簡単にできる方法で対策します。


リア
先日書いたピン打ちリアステーのカーボン版。
ビス止めで移植できるので、1度作ったら次からはかなり楽になります。
重量は普通の桁より1.5gくらい重くなると思うので、これを許容するか否か

全体のスラストはレース用の電池を積んだ状態で
右前4度、左前2度、左右後0度と無難な形でセットしてます。
あとは現場で走らせて様子を見る感じ。

車重


73gとだいたいいつもどおり。

---

しっかり走らせてあげたいところですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。