2014/07/17

ジャパンカップ2014用S2 マンタレイmk2

ジャパンカップ2014に向けて新車を作りました。


いよいよ夏も始まりですね。



今回のシャーシはS2、公式で使うのはシャーシ限定以来です。
フラットレースで何回か使用して、速度的にはいけるだろうという判断での投入です。
速度さえ出れば、ビス穴があってかつ柔らかくて軽いシャーシというのは非常に魅力的。

ボディはマンタレイmk2のクリアボディ、いつもどおりですね。
ステッカーはレイスティンガーのDUSを使用しました。
ドレスアップステッカーはごまかしが効くから便利ですw

ちなみにシャーシはプロトエンペラーの黒ABSです。
タイヤは同キットの紫バレルを26mmまで削ってます。
ホイールは付属品ではなく以前使用していたカーボンを再利用しました。

---

フロント


オーソドックスな直カーボンの自作スライドに19AA

スラストをつけるのがめんどくさかったので


角度調整チップを埋めてスラストをつけました。
最近見なくなりましたね。
これなら削る手間もなく確実に2度か3度になるので楽でいいです。
もう1枚の板で回らないようにしてやればトラブルも少ないです。

S2の弱点であるフロントブレーキの取り回しは


※背景汚いw
こんな感じで2段構造にしてブレーキの支持部を高くしました。
この構造だと26mm径ならブレーキ高もある程度(2mmくらい)まで上げられます。
既製品のアンダーガードは使えませんが、自作のブレーキ板ならこれでOK

---

リア


リアは既製品のスライドダンパーをそのまま使用。
スライドの蓋は結構重いので、カーボンの端材に変えてます。
ガタつきはあまり気にしない方向でw


スライドは2mmとはいえアルミなのでやはり強度に不安が残るので
上段ローラーの下にラメ直の板を張ってたわみを防止しています。
ラメ直は長さが長いので上段ローラーのひっかかりの防止も兼ねています。

ステーそのものはマルチワイドリアを変な形に切りました。



下段のひっかかり防止も兼ねて。

---

リアブレーキ


以前からリアブレーキ上にマスダンパーを置きたかったのですが
直ブレーキの上にそのままマスダンを置くと全長を食ってもったいないので
加工の自由度が高いARフロントカーボンを使用してマスダンの穴を新造しました。
とはいえこれはこれでもったいないんですけどねw

---

体重測定


122gとだいたいいつもどおりですね。
自分の作り方だと部品が多めになるのでだいたいこのくらいに集約します。
どんな走りをしてくれるか、楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。