2014/07/14

2014.07.13 ジャパンカップ2014 群馬大会

ジャパンカップ2014群馬大会に参加してきましたー。


ジャパンカップ2014に初参戦。
いよいよ僕の夏が始まります!

今回の会場は高崎市にあるニューサンピアというホテルのイベントエリア。
昨年行ったときには駐車場のキャパが小さく(約400台)
ちょっと不安があったので、7時着になるように会場へ向かいました。

で、到着したのは想定どおりの朝7時。
群馬って近いんですね。

が、この時点でイベント会場前の駐車場はすでに満車。
あとはゴルフ場前の駐車場に入るだけ、という警備員の案内に従い駐車場へ。
のこり数台しか入らないところに詰め込みなんとかギリギリ滑り込めました。
朝7時でコレって厳しいなぁ・・・

---

受付を済ませて会場入り。


すごい人だー。

ついに今年のコース、スーパーグライドサーキット2014とご対面!


やっぱりバンクは迫力が出ますね、圧巻です。

---

自分の番号は午前最後だったので、それまでレースを観戦します。
初めて見たフジヤマ走行の印象は・・・なにこれ(汗)
現場で見るとこれ、すごいですね。
雨の品川なんてそりゃ惨劇になるわって思いましたw

しかし嘆いてビビってばかりもいられないので無い知恵絞ってセッティングですw
今回のマシンはこんな感じ。


ジャパンカップはやっぱり特別なので新車を作りました。
いわゆるヒクオセッティングのスタンダードなS2です。
このマシンについてはまた後日。


ピットをご一緒した方と記念撮影、頑張りましょう!

と、いうわけで1次予選。
セッティングは26mm+3.5:1+HD2、電池は富士通プレミアム
新しい富士通の電池ですね。

スタートした瞬間、抜けたので速度超過を悟りますw
スロープがギリギリ1枚、アイガーもそこそこの飛距離。
バンクの下りからのアイガー下りも若干飛距離が出る。

それでもギリギリ入りそうなので、フジヤマまでたどり着くか?と思ったところで
アイガースロープの下りでコースアウト・・・あれ?W
というわけで富士登山ならずでしたw

---

その後はレース観戦して撤収。
会場内があまりにも暑かったのでニューサンピアのお風呂に入ってから帰りました。


あまり広くはなかったものの、公式会場にお風呂があるのはありがたいですね。
車移動なので帰ったらそのまま寝れますw

そんなわけで反省会。

フジヤマの挙動をみていて思ったのは、フジヤマは
「斜めに向いてるジャンプ台」
という印象。

自分の中でのLCの挙動っていうのは
車体が浮きつつもローラーでバランスを取りつつスラストで車体を抑え
空中で方向転換をしつつ壁に沿って下る
そんな感じのイメージなんです。

かたやフジヤマの挙動はというと
壁に沿って車体が向きを変えて、斜めにむいた後にジャンプ台でジャンプ。
着地する先にコースがあるか否かは速度と飛距離次第。
そんな感じの雰囲気でした。

となると、一般的なLC攻略にあるスラストをつけるっていう概念はあまり役に立たず
ローラーを食わせるっていう方法も、あくまでジャンプ前の壁で減速する程度で
従来のLCの車体を沈めるためのスラストとは意味が異なるなぁって気がします。

ファミリークラスの走行も結構みていたのですが
ゆっくり走ってもノーブレーキはナチュラルに離陸してましたw
となるとこれはもうブレーキで入れるのがシンプルなのかなぁ。
画期的な攻略方法があったら教えてほしいです(切実)

次回はフジヤマの本場の静岡大会に参加予定。
なんとか攻略の糸口を見つけたいところですね!
まだ夏は始まったばかりだ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。