2014/06/23

2014.06.22 北海道HMS大会

北海道で開催されたフラットレース、HMSに参加してきました。


フラットレース遠征は初めてです。

北海道でのフラットの大会は近年では初?のようで
JC北海道大会等でお声をかけていただいた、けんつぁさんの主催ともあって
後日発表された公式大会スケジュールで、JC開幕戦とかぶってしまったのですが
いろいろとご縁があったので参加してきました。

というわけで成田空港からバニラエアで新千歳へ。
大会前日の土曜夕方に移動したのですが、預け荷物20kg付きで片道6500円。
欠航リスクはあるけど、やっぱりこの値段は魅力的です。LCCすごい

で、新千歳から札幌に移動してホテルに荷物を置いてからの


ドン!
某TMFL巻末でも話題にだした札幌すすきののジンギスカン だるま



脂がのっているにも関わらず重くなく、厚みがあるのにやわらかい
羊特有の臭みも少なく非常に食べやすい、個人的にオススメのお店です。
北海道に行くと必ず食べたくなります。

食事を済ませたらホテルに帰っていろいろ準備をして就寝。

---

翌朝


ホテルの雑誌のラインナップがガチでした。

---

本題のフラットレース!今回のレイアウトはこんな感じ!


バンクからスタートしてしばらくは速度が乗る区間が続きます。
後半に連続コーナー→ウェーブ→180度曲がってLC
ここを如何に速く抜けるかがタイムを出すポイントになりそうですね。
とはいえそのやり方がわかったら苦労しないのですがw

受付を済ませてモーターを2つ受け取ったらモーターの慣らしを開始します。
それと並行して自前モーターを使用して練習走行を一人2回。

練習1回目は接点トラブルでスイッチが切れるw
スイッチを入れなおして続行させてLCを通過するも参考にならずw

2回目は問題なくスタートしたものの、LC入らず。
右はしっかり食って入ってるにもかかわらず、左が抜けて出口が入りません。
他の方の挙動を撮ってみても、とにかく出口が入らない模様。
右4左1.5じゃ厳しいのかなぁ

---

1走目
出来上がった1つ目のモーターはわりといい感じ。
とりあえず左を2度にしてLCの様子を見ます。
結果はやはり出口が入らずCO

---

2走目
どうにも左フロントローラーが壁から抜けやすい挙動に見えたので
左前に頼らず、左リア上段を下げて出口で当たるようにしたうえで
微妙にアッパーをつけてノーズが下がるようにします。

結果はLC出口でリアひっかけでCO。惜しい

---

走行チャンスは一人3回、3回の上位20名のみが4回目、5回目の走行があります。
つまり2COだとラストチャンス・・・遠征ノータイムはつらい
胃がキリキリしながらお昼ご飯をたべていたところ
時間と人数に余裕があるので一人4回の走行に変更するとのアナウンスが
首の皮1枚つながったー。

---

3走目
まずはタイムを残さないと意味がないので追うのもほどほどに置きに行きます。
結果はLCも入って完走して27.27秒(7.35m/s)
とりあえず1回タイムが残って一安心。

4走目
2個目のモーターを使ってしっかり追って勝負!
あれ?全然走らない・・・通過タイムも遅い・・・
結果は完走して27.11秒(7.39m/s)

LCが大荒れなこともあって、4走終了で9位通過。


LCっていうのはレーンを入れ替えるために存在するものであって
大げさな動きをさせてレースを荒らすのは本質を見失ってると思うんです(真顔)

---

決勝2LAP制とは違って最後まで1LAP制なので
5,6走目もひたすらタイム更新に挑むしかありません。
結果は勝負に破れて2CO

最終的に4人に抜かれて13位フィニッシュでした。



ひさしぶりのフラットレースでしたが、
車体はもとより経験者とのセッティングの引き出しの差も痛感しました。
立体もそうですが、やっぱり経験って強いよなぁと非常に感じました。

あとは純粋に速度が足りない!
これは車体の作りこみ、次に参加するフラットレースは2週間後のCSK
残り少ない時間で何ができるか、詰めないといけませんね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。