2014/07/07

2014.07.06 ChampionShipKanto 6th

フラットレースのChampionShipKanto(CSK)に参加してきました。


北海道のHMSに続いてのフラットレース参戦です。


CSKはチューン限定のフラットレースの中でも関東だと最大規模。
年2回開催で今回は第6回大会、3年も継続してるんですね。すごい。
そんな大会だけに、全国各地から遠征で来る方々も多く
前日入りをした方々と飲み会をしたり。


明日は頑張りましょう!

---

今回の会場も前回同様の川崎市の梶ヶ谷にある川崎市民プラザ!


南横浜の会場は改装工事中のためここ3回ほどこっちで開催してますね。
(タイトルのinMinamiyokohamaはもう取っちゃっていいんじゃないかな)

そんなわけでここがCSK会場だ!


アイアンマン!?
CSKはマーヴルヒーローも運営に協力するすごい大会なのだ(真顔)
ってかめっちゃ暑そう。体育館だしw

こちらはまさるさんのDJブース兼ニコ生ブース。


みんなだいぶ自由にやってるな!w

---

で、今回のレイアウトはこんな感じ。

ほぼコーナーですw


レイアウト図で見ると


コーナー突入する前にホームストレートでしっかり加速できますが
バンクからのウェーブで失速するとその後の連続コーナー(通称 チューリップ)で
速度が伸びずに全くタイムが出なくなります。

フラットレースはウェーブの処理などの差がタイムに大きく響くので
如何にバランスを崩さず、失速の少ない車体構造を作れるかがポイントです。
・・・って、文字でいうと簡単だけどめっちゃ難しいんですけどねw
でもそこが楽しい!

---

受付をしたらモーターが2個支給されるので慣らし開始です。


その間にも練習走行が一人2回。
ここは自前モーターOKなので自前モーターでコースの挙動の様子を見ます。

バンクからのウェーブは問題なさそうです。
チューリップも目立った失速は無く問題は無さそう。
となると最後はLCが・・・入らない!
LCの下りでリアをひっかけて停止してしまいました。

コースアウトとはいえひっかけ停止なら車体はコース内にいるので
微調整すれば入るだろうなと思い2回目の練習。
結果はLCで嫌われてコースアウト。
え・・・挙動が全然違うw

他の人のLC挙動を見ていても、とにかく挙動がバラバラで入らないw
見てる限りだと右は食ってるのに左が入らずに下りで外に出てるような。
これ、北海道でも見たような展開・・・

---

予選1回目
モーターは回ってないまでもほどほどに出来上がったので1走します。
と思ったら、走行中にボディがズレてタイヤにひっかけてリタイヤ。
これは非常にもったいない!というか初歩的すぎて恥ずかしいです。

ここは修正するとして、悔やんでもしょうがないのでレースの様子を見ることに。
で、レースはというと大荒れでとにかくLCが入らない。
あれが噂のフジヤマチェンジャーかヤバいな()

午前1回目の走行が終わりました。


参加者56人いてタイムが残ったのはわずか8名w

午後は2回の走行チャンスがあるので、そこまでいろいろ策を練ります。
とりあえず、モーターの回転数や速度は必要なさそうなので
モーターの慣らしはほどほどでやめることにw

---

予選2回目
いろんな方の挙動を見ていると右前はしっかり入っているのに
LC頂上で急に姿勢を崩して下りが完全にすっぽ抜ける模様。
となるとこれはリアのコントロールなのかなぁ。

とりあえずフロントはしっかりスラストを入れて、追い充電もほどほどに
とにかくタイムを残す作戦で行きます。
結果はコースアウト!なんでや!w

周囲の人と話をしていても「右前7度でも入らない」
「ゆっくり走っても入らない」と阿鼻叫喚w

右はちゃんと食ってるおかげで車体は壁の中にいるのに
LCを出てくると変な姿勢になってるんです。
といってもLCも壁が開いてるわけでも痛んでるわけでもなく・・・

---

予選3回目
TNEの天パさんが常温アルカリでLC生還に成功していたので
ラストは常温エボルタで走ることにw
右前5度、左前2度、電池も重いしこれならいけるでしょ!

で、結果はLC入らずコースアウトwなんでや!W

というわけで


ノータイムでしたw
通過タイム的にはLC入って30秒フラットくらい?
入れば・・・入ればなぁ。まぁ入らなかったんですけどねw

予選終了して結果はこんな感じ。


56人中タイムを残したのはたった25人!半数割ったw
これがフジヤマ以下略
フラットレースでこんな経験はじめてですw

そんなわけで記念撮影。


オレたちがうわさのノータイムぐんだんだ!

こちらはタイムを残せた天パさんのマシン


普段は速度じゃ追いつけない分、こういう時こそタイム残したかったなぁ。

---

というわけでここからは観戦。
決勝戦は2LAP6周、つまりLCを2回通らねばなりません。
1走終わった時点での状態がこちら。


20人走って完走5人とは・・・
ちなみに2走目は20人全員COで決勝順位はこのままでした。
これがフジ以下略

---

その後はおまけイベントの3人同時走行のバトルレース。
どこの部分でほかの人に遅れを取ってるかが見れるので結構勉強になります。
が、今回はとにかくLCが入らず、最後まで1度も完走できませんでしたw

こんなにLCに苦しめられたのは初めての経験ですw
設営はイコールだからこそ、こういう荒れてるときこそ完走したいなぁ。
これはフラットでも立体でも一緒ですね!
次回はもっと頑張りたいところですね。

・・・そのためにはちゃんとタイム残そうw

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。