2014/03/25

2014.03.24 ミニ四駆フェア2014 TMFL杯 #TMFL

タミヤプラモデルファクトリー新橋店で行われたミニ四駆フェアイベント
TMFL杯に参加してきました。


TMFLは二ツ星駆動力学研究所の略称です。

二ツ星駆動力学研究所、とは
集英社のwebコミック「となりのヤングジャンプ」で連載中のミニ四駆漫画で
今回のイベントは、このwebコミックの単行本1巻の発売を記念したもの。

内容としてはくじ引きでチーム分けを行い
・チームレース(1回目)
・コンデレ
・チームレース(2回目)
の3競技のトータルポイントで勝負するというもの。
※告知の段階であった筆記試験は時間の都合でなくなりました。

チームは
・所長チーム
・工場長チーム
・博士チーム
・オシカチーム
・ハヤシ先生チーム
の5チームで、チームリーダー含めて9人ずつのチームです。

で、僕が引いたチームはというと


ハヤシ先生チームでした。
チームメンバー同士でミニ四駆歴やら自己紹介。
同じチームにチームきゃんちがいのりょうさんがいるのは心強いです。
shuminovaの店長のY氏がいるのも安定感ありますね。

---

レースは5レーンすべてを使用した5チーム同時のレース。
G5~G1という形でレースグレードが分けられており

G5:1位に3P、2位に1P
G4:1位に4P。2位に2P
G3:1位に6P、2位に3P
G2:1位に7P、2位に4P
G1:1位に10P、2位に5P

という感じで1位と2位の人の属するチームにのみポイントが配布されます。

レースはG5を4回、G4、G3、G2、G1とチームリーダー戦を含めた全9戦。
なので、かならず一人1回はレースに出ることになります。
誰がどのレースに出るかはチーム内で相談してオーダーを決めます。

で、相談した結果、僕はG1に出ることになりました。
これはプレッシャーや!

今回のレイアウトはこんな感じ


わかりにくいのですが、左側には新橋でおなじみのスロープが着地1.5枚。
よくある新橋のレイアウトですが、そこそこにコースアウトするレイアウトですね。
これがノーマルモーターだとどういうレースになるのか・・・

※漫画の登場人物やチームは実際の人物をモデルとしており
 メンバーが写り込む可能性のある撮影は基本的にNGでした。
 レイアウト等、アップした画像は許可を得て撮影いたしました。

---

そんなわけでレース開始!
まずはG5レースを4回。
チームメンバーがしっかり完走&勝利してポイントを重ねます。

G5レースが終わったところでチームリーダー戦!
チームリーダー戦はG5と同じポイントが加算されます。
(なんでリーダー戦なのにポイント低いんだw)

気になるハヤシ先生の結果はというと・・・

さて!w
ここからはG4,G3と徐々にポイントが大きくなっていきます。
チームリーダーのおかげ(?)で緊張がほぐれたこともあって
着々と勝利してポイントを重ねます。

で、僕の出るG1レース。
顔ぶれを見ると「まぁそうなるよね」という感じでしたw
これは真面目に厳しい。

レース結果はというと
スタートしてしばらくは2台に先行されるも2台コースアウト
1位に躍り出てそのまま逃げ切ってゴール!
というわけで10ポイントゲット!

チームレースが終わった段階で2位の博士チームと16P差をつけて29Pトップ!

---

レースが終わったら次はコンデレ!

オシカちゃんの「この青はちょっと気に入らない」とか「あんまり好きじゃない」
といった普段のコンデレでは聞けないような軽く毒の入ったコメントもありつつw
選ばれたマシンはこちら。

まずはさくらいなる賞。

チームメンバーがさくらいなる賞でポイントゲット!

タミヤ賞は
日高さんの作ったマシンで博士チームがポイントをゲット!

ポイントが多くつくオシカちゃんの選ぶオシカ賞はというと
チームオシカに行くという疑惑の判定(公正です)
* オシカ賞 追加いたしました@2014.03.26 *
実際にクオリティの高さがすごい、納得の判定です。
オシカチームがポイントゲット!

---

チームレースの2回目です。

今度はチームリーダー戦はなく、G5が1回増える形になります。
なのでチームリーダーも混ざってどのレースに出るかを再検討します。
ハヤシ先生は男気を見せて「僕はG5で出ます!」と率先してG5へ。
リ、リーダー!?w

2回目もやはり勝利or完走とポイントを着実に重ねます。
そしてハヤシ先生のレースは・・・

やはりリーダーのおかげ(?)で緊張がほぐれた我々は
さらに気を緩めずにポイントを積み重ねます。
最後のG1レース前の段階で

ハヤシチーム:50P
工場長チーム:18P
オシカチーム:17P
所長チーム:16P
博士チーム:16P

圧倒的ではないか我が軍は(真顔)

ここでレースの前にルール変更が入り
最後のG1は1位のチームの獲得ポイントが40Pになります!
出た!クイズ番組でお決まりの全否定や!w
こ、これは負けられないぞー

というわけでレースです。

1周目にバーニングLCを通って出遅れるものの追いつき逆転。
その後は先行するものの、最後にインから日高さんに刺されて2位着!
というわけでうちのチームは5Pゲット!

ん?ということは・・・


博士チームの逆転優勝でした。
うおおー!

優勝した博士チームの表彰と賞品授与を羨ましそうに見ていると
実はすべてのチームに同じものが用意されているという嬉しいサプライズ。
みんな幸せになるフォローのうまさはやられました。

そんなわけで参加賞その①


各キャラ等のイラスト入りパーツケース。
タミニャンはそのうち本編に出てくるんだろうか?


参加賞その②


チームリーダーのイラスト入りキット。
キットはチームリーダーのマシンにゆかりのあるものです。
うちのチームはマッドブルでした。
グラスホッパーはさすがに手に入らないですからねw

FRPは特製の文字入りのもの。
優勝チームはこれがカーボンでした。
いずれにせよもったいなくて使えないw

---

と、みんなでワイワイしている間に見学者と所長のじゃんけん大会。
所長に勝った3名の方には所長からチタンシャフトがプレゼント!
なんだそれ!www

---

そんなこんなで最後にナカムラさんからの挨拶でイベントは終了。
感極まって泣きかける場面もあるところに、アツさを感じたり。
ここまで熱を持って漫画を作っていただいてるとは嬉しいですね。

イベント自体も非常に盛り上がって楽しかったです。
チーム戦ってめったにやれないですが、楽しくていいですよね。
巻末によると2巻も出ることが決定しているようなので
これからももっと盛り上げて、次回の開催にも期待したいですね!

みなさんお疲れ様でした!



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。