2012/11/07

LRP パルサーコンペティション3

ひさしぶりに新しい充放電器を購入しました。

LRPのパルサーコンペティション3です。
話題のタッチパネル搭載の現行品じゃなく、その一代前です。
中古屋さんで安価で売っててビックリしてつい買ってしまいました。

スペック的にはあまり買う必要ないなと思ってたんです。
というか、それならセルマスター欲しいなくらい思ってましたw
でも実際に使ってみたらかなり良くて、これは買って正解でした。

充電
・8セル10Aまで(W数制限記載なし)
・充電中の電流値変更が可能
・デルタピーク値はセル合計で5~95mV設定(5mV刻み)
・充電方法はリニア、3ステップ、リポ用の3種類
・トリクル充電は0.0A~0.4A

放電
・10A上限(W数制限記載なし)
・カット電圧は0.9V~9.0V(0.1V刻み)

その他
・モーターラン等に使える定電圧出力モードあり
・設定メモリ4つ
・温度センサーなし

こんな感じです。

使用感
充電電流、デルタピーク等の充電設定から放電設定やその他設定まで
全ての設定をあらかじめ行う必要があります。
なので充電の都度設定を変更する、という使用方法には不向きです。

それらの設定はすべて1まとめにして記憶され、メモリを4つ作ることができます。
ので基礎充用設定、追い充用設定・・・等、使い分けをすることが出来ます。
設定と運用方法さえ詰めておけば使用時はワンタッチなので早いですね。

充電方法はリニア、3ステップ、リポ用の3種類との記載。
ただ、充電した感じだと3ステップもおそらくリニアです。
1ステップと3ステップで考えたほうが良さそうです。

3ステップ充電は1、2ステップで容量指定、3ステップ目はピークまで。
容量カットはここでは見当たりませんでした。
温度計もないので温度カットもなし、基本的にピークカットのみです。

ピークロックやピークディレイの機能はないのですが
PCS-4という独自の誤検知防止機構はあるようです。詳細は謎。
3ステップで誤検知することは今のところ無かったです。

充電してみたところ、本体のファンが回らないことにビックリ。
ファンが回らないので音もせず、家族の視線も優しいですね(ニッコリ

トリクル充電を無くせるのも地味に嬉しいです。
基礎充終わってうっかりそのままにしてた!とかなった場合に
トリクル充電の有無は死活問題です、フラットやってる時は特に。

デルタピーク検知の精度はかなり高い印象を受けました。
2セルΔ10mVで満充電時が38℃と結構低め?僕は好みです。

充電方法が電池に優しいのかな?と思って追い充テストをしたのですが
時間と温度でハンドカットしたところ、自分の経験とほぼ一致しました。充電が優しすぎる(空気読みすぎる)ってわけじゃないので安心です。

充電電流は充電中に+-を押すだけで0.1A刻みで変更可能。
充電を止めることなく素早く設定変更できるのは急場に嬉しい。
フラットで爆弾に使って出走タイミング調整もしやすいですね!

というわけで実際に爆弾にどうかと思ってエネ10本で動かしてみました。
無負荷時 12.1V → 2セル4.0A充電中 11.7V
3セットほど追っても変わらず、実用には十分な燃費でした。

親電源の出力に応じて何らかの調整がされてるかもしれないので
12V4AのACアダプタや12V24Aの安定化とも充電比較しましたが
放電データに差はありませんでした。これは嬉しい。


そんなわけで、充電能力としては爆弾も基礎も器用にこなせそうです。
ちょっと重さと厚みがあるけどCSKで爆弾運用してみようかな?

---

放電に関してはちょっと不思議な雰囲気。
というのも例えばこの画像。

満充電の電池2セルを10A放電1.9Vカットしたものなんですが
約540秒で約730mAhの放電でした。
逆算すると平均4.96Aで放電されたことになります。
W数で上限かかったのかな?

ただW数で上限ならば、電圧が下がるほど電流値が増えるはずなので
結果として電圧の降下は急になるはずだと思うのですが
電圧の動きを見ていると、そういう動きでもなかったです。
どういう動きをしてるんだろう?ちょっと気になる。

スペックには書いてなかったのですが、
放電中にも停止せずに放電電流の設定を変えられます。
なので4A放電→1A放電などの絞り込みも手動で行えます。

ただ、先ほどの10A放電で730mAhも抜けてることを考えると
自分で絞り込みをしなくてもナチュラルに絞られてる雰囲気。
荒く放電してから単セル放電が一番楽なのかな?と思いました。
ハッ!そこでバッテリーコンディショナーか!w

---
長くなりましたが今のところの使用感はこんな感じです。
・充電器としては基礎充も追い充も器用にこなせる
・放電器としてもしっかり抜ける
そんな感じの良い充放電器だなと思いました。
オススメしたい1台ですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。