2014/06/03

2014.06.01 アップルハウス ジャパンカップ2014シード代表決定戦

アップルハウスで開催された、シード代表決定戦に参加してきました。


もうジャパンカップのシード戦の季節なんですね。
いよいよ夏が始まります。

アップルハウスの大会は先月に引き続き2ヵ月連続の参加。
前回は予選ボーダーでギリギリ予選落ちだったので
今回は予選通過して決勝トーナメントに進出したいところです!

今回のレイアウトはこんな感じ。



自作アイガーが目立ちますね。

自作アイガーの着地が1枚+α程度なので非常に厳しく
かつ他のスロープも着地がほぼ1枚という低速レイアウト。
一番厳しいアイガーさえ入ってしまえば、上りは全て入ってしまうパターンです。
あとは気にするとしたら最後の下り着地のハーフくらい。

今回挑んだマシンは先日アップした内蔵サスのベルダーガ


作ったら使いたくなる症候群です。あるある

練習走行は結果としては一人3回

1回目:トルク超速+朝充電で1周目のアイガー離陸
2回目:これはアカンと普段の提灯ARでトルク+前後ブレーキで同じく離陸
3回目:減った電池なら大丈夫だろうと内蔵サスに戻って同じく離陸

・・・帰ろうかなw

お店まで行ってノーマルのためにキットを買うか
それともアトミPROやレブPROを買おうかとも思ったのですが
結局、どちらも癪であるという理由でやめることにw


パーツケースの中に4:1ギアが入っていたことを思い出し
コレで最後の勝負に出ます!(まだ予選開始前である)

で、結果。
完走して3Pゲット!わーい完走したー。

予選2回目:ジュニア優勝者にチギられ2P
予選3回目:下りでCO、0P
予選4回目:3P
予選5回目:速度負けして2P

というわけで3,2,0,3,2で10Pでした。
これバトルドッジボールの初期パラメーターならそうとうつよい
でもミニ四駆的にはそんなに強くなく、10番手くらいで予選通過でした。

決勝トーナメント

ここからは準決勝まで電池交換禁止になります。
予選は減らした電池を2セット交互に使用していたのですが
決勝はマシン提出してセッティング変更ができないので
ここからはどう勝負していくか悩みます。

予選を見ていた限り、勝負の速度域には若干足りてなかったので
予選より速度を上げる必要がありそうです。
電池を上げるか、電池そのまま、モーターを上げるか・・・

悩んだ末に、前者の満充電の電池で行くことに。

1戦目
CO巻き込まれで再レースの後勝利。
電池交換できないレースでの再レースって痛いw

2戦目
両者COで再レースの後速度負け

ということで2回戦敗退でした。
やっぱり満充電で勝負すると持続できなくて負けますね。
ちなみに放課後にモーターを上げてみたところ、こちらは逆に超過でした。
ここらへんのコントロール幅の引き出しは常に持っておきたいなぁ。

銅ブラシからカーボンブラシに変更されたHD3が発売されますが
このどさくさでアトミPROとレブPROのブラシも変えてくれないかなぁw
銅とは言わないけど、HDPのカーボンブラシと同一品にしてくれるとうれしかったり

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。