2012/08/10

リア用ローハイトタイヤ&ホイール

マックスブレイカーなどのX系のリアタイヤ
あのタイヤは立体攻略に手堅くて好きなのですが
タイヤ径が24mmとデフォのサイズでは一番小さい部類になります。

小径なら26mm径が望ましいと個人的には思っていて
24mm径だとS2バンパー下やAR電池下のスペースもかなり辛いです。
なのでデフォのままだとちょっと役者不足。

フルカウルタイヤを使っても良いのですが、これは純粋に重いのがネック。
リア用のローハイトタイヤ(とホイール)があればいいのになぁ。

というわけで作ってみましたw
リア用ローハイトタイヤ&ホイールです。
ローハイト用ホイールにXリア用の小径タイヤを履かせて約27mm径
これなら芝も怖くない?

ホワイトバランスが・・・
材料① X用ローハイトタイヤ付属ホイール

これのリブをカットします。
ホイール芯もマイナスオフセットにカット。
これを外に嵌めます。




あまりユーザーのいないホイール
材料② アルミディスクホイール

これはカットしやすいから使うだけで
ローハイトなら何でもOKです。
アルミ板は使わないです。
プラリンにでもするかな?w

で、これを薄くカットします。

両方とも薄くなりました
加工後

X用のリブカットは素材的にも楽なんですが
ディスクホイールを薄くするのは意外と面倒。
とはいえこっちは内側に入るので
あまりキレイじゃなくてもOK。

ついでに貫通処理もしてしまいます。

合体!
で、これを合体!

といっても両方とも普通に軸にさすだけ。
接着したほうが精度は出ますが
しなくても何とかなります。

あとは段差をヤスリがけして円を出したら
タイヤをはめて


完成!
これで完成、最初の画像に戻ります。
意外と簡単ですね(ニッコリ

大径ホイールと薄タイヤを使えという意見もあると思うのですが
タイヤの厚みはある程度欲しい人なので薄タイヤは好きじゃないんです。
あと、タイヤは消耗品なので既製品が使えるっていうのは面倒が無くて良い。

このタイヤをそのまま使えるとなると

・X用リアの黒タイヤ
・カーボンホイール付属の白のハードタイヤ
・ナット止めホイール付属の灰色のハードタイヤ
・マクブレブラックSPの赤タイヤ

この4種類が選択肢になるのでセッティングの幅が広がって良いですね
特に最後の赤タイヤは加工が難しく、性質もかなり特殊なので
そのまま使えるというのは大きいですね。

フルカウルタイヤと違ってタイヤ層が薄いので
足回りが軽く、加速や燃費が良くなります。
しかも薄いから跳ねにくいので、扱いやすくなって良いですね。

おめでたい色になってもうたw
ジャパンカップは直進性が大事かなと思って4輪装備してみました。
おかげでコーナーの切り返しが重いのですが
きっと安定して飛んでくれるはず!と期待してます。
早く走らせてみたいですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。