2012/03/19

ネオチャンプの放電



・終止電圧
放電を停止させる電圧。
1.0V/cellを割る場合は電池の劣化が進む可能性があります。
しかし、放電時の電圧は放電電流の設定と関係があるため
一概に1.0V/cellが理想とは言えないです。
1.0V/cellは1つの目安。

・放電電流
放電電流を上げると電池の電圧はより低下します。
電池には適した(放電効率の良い)放電電流設定があり
それを超えた電流設定で放電を行うと電圧の低下が激しくなり
放電容量(放電電流×放電時間)が著しく少なくなります。

ネオチャンプは1.0A放電が最も効率の良い放電電流であり
1.0Aを超える電流で放電を行うと終止電圧に達するのが早くなり
結果として放電容量が少なくなります。
逆に1.0Aより小さい電流で放電をすると
同じ終止電圧でも放電容量は多少多くなります。


・放電電流と終止電圧の兼ね合い
電流値を増やすと終止電圧に早く達し放電容量が少なくなります。
この時の電池はロスが起きて電池の中身が早く減ったわけではなく
容量が抜け切れてない状態になってます。
電流値を下げると同じ終止電圧のままでも放電がされます。

1.0Aを超える放電(例えば2.0A放電)を行う場合に取る対策は
 ・終止電圧を下げる。
 ・終止電圧到達後、電流を下げて再度放電をする。
この2択

どちらも正解ではあるが、電池管理の観点から言うと後者のほうが良いです。
電圧が1.0V/cellを割る行為はあまり好ましくありません。
とはいえ、例えば0.9V/cell程度なら電池が劣化することはまずないのですが。

逆に1.0Aを下回る電流で放電した場合はより深く放電できますが
たとえば1.0A 1.0V/cellで放電した後に
0.5A 1.0V/cellで放電しても、30~40mAh程度しか放電されません。
1.0Aを下回る電流値での放電は、手間程の効果はないかなと。

・緑放電器の問題点
以前の記事で緑放電器はオートカットで超優秀と書いたのですが
あの放電器は確かに優秀ですが、やっぱりネックな部分があります。
その内容はやはり過放電。

オートカットしないので電池を痛めるという世間の言う過放電ではなく
放電電流と終止電圧の関係が電池にちょっと厳しいという理由です。

放電終了直前は200mAを切る小さな放電電流なのに
終止電圧が0.9~0.95V/cellという終止電圧はかなり低いです。
放電電流が1.0A程度だったらすごく使い勝手が良かったのですが・・・
気の迷い式で改造すれば非常に具合が良さそうですね。

緑放電器で放電する場合
 ・日常的にはあまり使用せず、深く放電したいときに利用をする。
 ・放電が終わったら充電をする。
この2点を守って使用する必要があると思います。

3 件のコメント:

  1. はじめまして。

    放電電圧のことで調べていましたところ、
    こちらのブログを拝見させていただきました。

    1つご質問させてください。

    少し前にYZ114SPBという充電器を購入したのですが、
    1セルで1A放電、放電終止電圧を1.0Vに設定し放電をしました。

    そうしたところ、放電終了前の電圧表示を見ると
    1.0Vでしたが、放電終了後は1.2Vになっていました。

    テスターで計測しても確かに1.2Vでした。

    これで正常なものなのでしょうか?

    お手数をお掛けし申し訳ありませんが、
    ご返答おまちしております。

    返信削除
    返信
    1. >>Yuuyaさん
      はじめまして!
      コメントが遅くなり申し訳ございません。

      ご質問の件
      ・何もしてない状態でのテスターを当てた電圧
      ・放電中の電圧
      が異なる現象は正常です。

      電池の電圧は放電中は下がり、
      放電していない自然な状態では電圧がある程度元に戻ります。
      「放電してない時に電圧が戻る」というよりは
      「放電しているときに電圧が下がる」と言う方が現象としては適切かと思います。

      詳しい理屈は自分には説明できませんので
      そういうものだ、と覚えておけばいいと思いますw

      * 蛇足 *
      ちなみに、この現象は放電電流が大きければ顕著になります。
      例えば2Aで放電して1.0Vでカットした時と
      1Aで放電して1.0Vでカットした時の放電終了後の電圧では
      前者のほうが高くなると思います。
      つまり、前者(大電流)のほうが放電中の電圧の落ちが大きいということになります。

      なので、大電流放電で1.0Vカットをした場合などは
      さらに1A程度で1.0Vまで放電する、ということをするのです。

      削除
  2. ご返答ありがとうございます!

    放電の電流の値によって、電圧が下がるものなのですね。。

    正常とわかり安心しました。

    1Aで放電後、再度低い放電電流で放電してみます。

    電気の世界は奥が深そう。。

    それでは、本当に助かりました。
    感謝いたします。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。