2014/12/08

チューンフラット用S2

チューン限定レースであるChampionShipKanto(通称CSK)の第7回大会に向けてマシンを作りました。


今回のレイアウトは通常の立体交差LCを使用するものではなく
バンク型のレーンチェンジ、いわゆるバーニングレーンチェンジを使用したフラットレースです。


シャーシとAパーツはスーパーエンペラープレミアムを使用しました。
これは後輪の色に合わせるためですw
ボディの色が明らかにあわないので、これはちょっと作り変えたいですね。

---

フロント



デフォのバンパーを残しつつ、両耳を切り飛ばしてラメカーボンをそのままビス止めしました。
桁の方が効率的(というか別物)なのはわかっていても、何回やっても桁貼りは苦手で困ってたのですが
今までのカーボンより長いラメカーボンが出て「これは!」と思ってこの形になりました。

桁よりも劣る効率とバンパー車としても邪道という、中途半端な存在なのでハンパー車とか(心の中で)呼んでますw
S2シャーシとラメカーボンさまさまです。

構造としてはこんな感じで


ビス止めしたラメカーボンの13mm用の穴の外に8mm用の穴をあけて
ピン打ちをしたFRPブロックを用意して


あけた8mm用の穴にピンをさしこんで19mm用の穴でブロックをビス止めをする。これだけ
テンションバー式じゃない井桁の左前の構造と作り方は殆ど一緒です(ブロックの上下が逆だけど)
スラストは井桁と同様に工夫でなんとかしますw

---

リアも同様の構造です。



根元の部分はマルチワイドリアステーをカットして補強して作りました。
マルチワイドステーの根元は切り落としてブレーキを付けてる部分にリアステーを止めてる構造です。
コの字より逆コの字にしてシャーシ付け根側を横に渡したほうがメリットが大きいと思ったので(妄想)
ちなみにリアローラーは上段が830で下段が620で、普段は830だけで曲がります。

---

中身


加工や調整は苦手なので最小限に抑えてほとんど触らず。
スパーとクラウンの間の壁だけは、あって得がなく切ってリスクも無いと思ったので切りました。
間には1.5mmのアルミスペーサーを入れてます。

---

車重


バーニング用としてはちょっと重いです。
ビスを多用しているのでちょっと厳しい部分がありますね。
最終的にはタイヤももう一声軽く作り直したいところです。

1 件のコメント:

  1. こんばんはちょっとお聞きしますがの前で翼は次に地面から必ずどんなに高くなければなりませんか?後ろは地からどんなに高くなければなりませんか?ようやく高速下順調なのが交換の道を過ぎるにあることができますか?
    私はとてもあなたのウェブログが好きで、いつも私のたくさんの新しい考えにあげます。
    有難うございます!

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。