2014/09/17

2014.09.14 ジャパンカップ2014 北海道大会

新千歳空港で開催されたジャパンカップ2014 北海道大会に参加してきました!


会場は昨年と同じイベントホール翔!
もはや毎年恒例のイベントですね。


今回もいつものように前日入り。
空港内の開催なら、当日移動でも参加できなくはないと思うのですが
せっかく遠征するのであれば、前日入りしないともったいない!

今回の旅は貧乏人の味方、LCCのバニラエア。


二人分往復で30,000円、一人あたり往復15,000円、片道7,500円!安い!
LCCにはいろいろネックな部分がありますが、やっぱり安さにはかないませんw
大手航空会社も早割とか駆使すると安いので、飛行機より新幹線のほうが高く感じます。

で、あっという間にin 北海道!


いつもだったら札幌まで出るところなのですが
札幌はわりといつも行くので今回は翌日の利便性を取って千歳駅。
ゾットンさんとエキシージさんと合流したら晩御飯。

北海道の夜といえばやっぱり



ですよねー
数量限定の霜降りの生ラム、ミニ四レーサーは限定に弱い。
ジンギスカンは素晴らしいですなぁ。

その後はホテルに帰ってマシンメンテだけして就寝。

---

翌日。

会場&受付開始が08:00からなので、余裕をもって1時間前の7時前に着。
これなら余裕だろ、と思っていたのですが、既に結構な人数!
その後も人は増え続け・・・

受付が始まり、もらった番号は


既に100人以上いるのかぁ・・・
モエレ沼とはなんだったのか

で、順に会場入りしたわけですが・・・ピットスペースがない!w
というのもコースを敷いてるイベントホール翔は会場のキャパも小さく
昨年もピットはかなりあふれていました。
と、いうわけで特設ピットへ移動することに・・・


(いや、これめっちゃ小さくないか?)

で、特設ピットのほうは開場したてだったのでピットを確保できたのですが
それでもせいぜい両スペースでトータル400人分が限界かなぁといった雰囲気。
そもそも、コース1面の130番でピットが取れないメイン会場って厳しいですよね。

---

今回のコース。



広島で新調されたフジヤマチェンジャークリアブルースペシャル。
この向きだと外に飛んでいく気が・・・
色は綺麗ですね。他はわかりませんw

---

今回は午前1回午後1回の一人2回の1次予選が確約されているので
1回目は普段と違うマシンで気分転換。


ショップ用に作ってる最中のMSです。
LDP(23000rpm)+3.5:1+26mm、電池はアルカリです。

結果はインのDBで跳ねてCO!
純粋にマシンの作りこみが甘すぎましたw
というわけで、このマシンは課題が多いのでこの日は封印w

合間の時間にレース観戦。


今回の設営は、アイガー登りの外から2番目が挙動が乱れやすい印象。
DBは着地の狭いインが厳しく、挙動は普通という真っ当な感じ。
フジヤマは、初見の人が多いはずの大会なのに完走率が想像よりかなり高い!
トータルで見ると、設営はかなりいい感じですね。

---

午後の1次予選。
いつものS2で挑みます。
セッティングはHD2(24000rpm)+3.7+26mm、遅くてもいいので完走を狙います。

結果は、、、完走!1次予選通過しました。


やったー初完走だーw
タイムは聞くところによると44秒フラットくらいとのこと。
ここまでしないと厳しいのか・・・

---

2次予選は貰った番号が100番台なのでしばらくレースの様子を見ます。
で、レースの様子を見ていると、想像以上に速い!
これは一声上げていったほうがいいのかなぁ・・・悩む。

悩んだ結果、気休め程度に3.7:1→3.5:1に変更して挑みます。

結果は、ファイナルラップのフジヤマでさされて速度負け。
タイム的には43.5秒くらいと狙ったくらいのペースアップはしているので
これで負けたならしょうがないですね。もっと精進します。

---

レースが終わったら帰りの飛行機まで時間があるのでご飯を食べたりお土産買ったり



雪印パーラーの美ソフト、おいしかったです。
千歳市内から出ない遠征だったけど、最初から最後まで北海道が堪能できました。
新千歳空港はやっぱ良い空港だなぁ。

2 件のコメント:

  1. 本場のジンギスカンは分厚いですね!

    返信削除
  2. しょうパパ2014/09/18 0:14:00

    一緒の会場で、間近にいらしたとは!
    是非、お話したかったです!

    ショップ用のMS車検待ちの時に折り返した列に並んでました(^^)/
    綺麗なマシンでしたので、記憶してました。
    来年も是非、遠征してください。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。