2016/01/06

都内ミニ四駆BARめぐり

今回の年末年始は東京に戻ってミニ四駆BARめぐりをしていました。


そんなわけで、今回はちょっと趣向を変えてお店めぐりの話。

タイトルにあるミニ四駆BARっていうのはミニ四駆が走らせられつつ
お酒(もちろんソフトドリンクも)も飲める、というようなスタイルのお店。
最近、都内を中心に関東でこの業態のお店が飛躍的に増えています。

一昔前なら「冗談でしょ!?」というようなミニ四駆スタイルなのですが
これが今や定着しつつあるあたり、ミニ四駆事情の変化が伺えます。
それだけ大人が増えたと同時に、多種多様になったんでしょうね。

そんなミニ四駆BARに何件か回ってきたのでそのレポです。
※情報は2015年12月末での情報です。

---

まずは一件目は高円寺にあるHideawayGarage
※HPを持ってないようなのでtwitterアカウントをリンクしました。
ミニ四駆ステーションの登録店です。


ハイネケンをパロったロゴでおなじみのこちらのお店。
ミニ四駆BARの「走らせ放題飲み放題○分****円」っていう体系を確立させた
いわばミニ四駆BARの草分け的な存在。

こちらのお店は120分2000円からスタートで、延長が30分500円単位から。
充電器使用OK(席によっては延長コード推奨)でX4 Advanceが常備。
店内は喫煙可。


ジャングルジムのように敷き詰め重ねられたコースが特徴で
twitterで画像を見るたび、どこからマシンがどう出てくるのか想像できませんw

定期的なレイアウト変更(月に1回?)とタイムアタックが盛んで


お酒飲んでタイムアタックをしてると楽しくてヒートアップするか
どんどんダメになるかなのでマズイですw
ちなみにこの画像は翌日にはランク外に落とされましたw みんな速い!

現在はレイアウト終了時にトップタイムだった人は、
次回レイアウト時のチャージが常時半額になるゲームをやっているようです。
これはヒートアップしてしまいそうですね。

---

次は池袋にあるDRIBAR
こちらもミニ四駆ステーションの登録店です。


※画像はちょっと前に撮ったものです。
高円寺のHideawayGarageの常連だった方が
熱中したあまりに作ってしまったお店ですw

こちらのお店は90分1500円からスタートで延長は30分500円単位。
充電器は使用可能ですが、電源の配置的に要延長。
X4AdvanceとEnergyzer1時間充電器が常備。
店内は分煙で喫煙ルームにて喫煙が可能です。

レイアウトは定期的に(月に1回?)変更されており


こちらもタイムアタックが盛んに行われています。
というよりはタイムボードがあるほうがいろいろと遊びやすいのかな?

店内にはリューターやウッドレースなどの加工機材と集塵機も常備されており
加工作業も店内で行うことが可能です。
作ってすぐ走らせて試せるのも魅力ですね。


現在は愛知県の名古屋市にも名古屋店をオープンしており

東名統一レイアウトによるタイムアタック合戦や
スカイプを使用したネット接続など、今までになかった盛り上がりが期待できそうです。

---

最後は神田にあるM428
こちらはミニ四駆ステーション非登録店


120分1500円でソフトドリンク飲み放題、アルコールは+500円がスタート。
延長は30分500円です。


各卓にコンセントが配備されており充電可能。
店内は分煙で喫煙スペースで喫煙が可能です。


レイアウトは定期的に変更(月に1回?)されています。
こちらもタイムボードが設置しておりタイムアタックが盛んな模様。
1人でも複数人でも指標になるし遊びやすくなるタイムボードは必須かもしれませんね。

こちらのお店は下の階の居酒屋と経営が同じで
フードメニューも充実している、とのことでした。
どうやら丼ものが好評のようで、今回はお昼のレースでいただけなかったのですが
次は食べてみよう。

---

というわけで3件回りましたが、まだまだお邪魔出来てないお店も多いです。
さすがに何件もハシゴすると財布にも厳しいので、次回ってことでw
ミニ四駆BARって業態は、これから全国各地に広がっていくのかなぁ


お邪魔いたしました!

---

今回お邪魔したお店
HideawayGarage twitter
DRiBAR twitter(池袋店) twitter(名古屋店)  HP
サーキットカフェM428 twitter blog

お邪魔できなかったけど行きたいお店
ForceLabo twitter HP

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。