2015/12/17

2015.12.12 ミニ四駆チャンピオンシップ2015

ツインメッセ静岡で開催されたクリスマスフェスタ内で行われた
ミニ四駆チャンピオンシップ2015に参加しました!


今年の公式大会もこれが最後!

チャンピオンシップが開催される以前までは
年間チャンピオン戦と呼ばれる大会がありまして
その年に公式大会で優勝した人だけが参加できる大会でした。

ジャパンカップ開幕以前の時代はタイトル戦は基本的にコレと世界戦しかなく
1年間のどこかで優勝して年間チャンピオン戦に出場して年間チャンピオンを目指す
というのが1年間の一つのサイクルとしてありました。
なので年間チャンピオン戦はジャパンカップ復活以前は最大の栄誉の大会でした。

で、チャンピオンズ制度の制定とともに改まった
年間チャンピオン戦がこのチャンピオンシップ。

チャンピオンシップはその年のチャンピオンズだけが参加できる大会です。
チャンピオンズの在籍期間は2年間なので、
2014年以降にチャンピオンズになった人は最低でも2回は楽しめるってわけです。
そう考えると昔よりちょっと嬉しいぞ!

とはいえジャパンカップが10月にあり、ワールドチャレンジが11月にあり
そして12月がチャンピオンシップともなるとさすがにアンバランスな感じもw
スケジュール的に難しいんだろうけど、もうちょっと分散してほしいw

チャンピオンシップは土曜日に開催なので金曜の仕事後に静岡へ移動します。

で、早朝に会場入りして受付をして会場入り


チャンピオンシップ出場選手だけがもらえる特製アクリルプレート
うーんカッコいい。赤は正義であるな

その後はレース本番まで練習走行。
時間は3時間ほどあるので試せるだけ試せるのですが
ここで何を掴めるかで立ち回りが相当変わっていきます。


今回のマシンは前回のワールドチャンレンジでは放棄したMSで再チャレンジ
さすがにそのまま挑んでもしょうがないのでだいぶ仕様を変更しました。


といっても変更点は本人以外には微々たる差w
タイヤ径を26mmにして4輪スーパーハードに。
車体構造を内蔵サスから見よう見まねでフレキシブルに変更しました。
今度はまっとうに走ってほしいなぁ

で、練習走行開始。
テストするモーターはトルク2とライトダッシュの2択
ブレーキの高さやマスダンの数をいろいろ変えながらひたすら試します。
で、結果はというとイマイチ安定せず・・・

飛ぶポイントはプラウドマウンテンが飛ぶのは想定内ですが


DB→スロープ登り→コーナーのここが自分のマシンは想像以上に弱かった。
入る時は入るんだけど、入らない時はフワッと飛んでいなくなる感じでした。
マシンの煮詰め不足かなぁ。

とまぁあぁでもないこうでもないと練習したわけですが
結局完走してもそこまで好タイムが出せることもなく終了。
うーんこれはどう考えてもマズい展開!

---

チャンピオンシップの対戦ルールは組み合わせ抽選で1対1のトーナメント戦。
両者COはお互いどちらかが勝つまで再レース、というもの。
人数の関係で3名になる可能性もあるけど、基本的にはずっと1対1のマッチレースです。

再レースがあるのである程度攻めにも出れるのですが
今回は全く良いタイムが出せてないので着実に走って拾いに行く
これしか選択肢がありません。
というわけでモーターはトルク2で完走狙いで勝負!


出陣前に大阪チャンピオンズで記念撮影!


からの愛知チャンピオンズ&ハヤシ選手合流でさらに撮影!
がんばるぞー

で、くじ引きの結果はりわっちょ選手と勝負!
2015スプリングの東京1と東京2の対決や!


りわっちょ選手はだいぶ以前に新橋のM4ナイトとかでよく遊んだけど
こんなビッグな舞台で戦えるようになるとはなぁ(しみじみ
勝負!

で、レース結果はというと・・・負けましたw

1回目は両者COからの再レースで再びDB→スロープ登りでCO
そのままりわっちょ選手がゴールで敗退。
完走狙いって言ったのに完走できてない!ダメ!ゼッタイ!

その後はレース観戦。
優勝したミキ選手の走りは圧巻でした。
あんな走りどうやったらできるんや・・・(教わりに仙台行くしか)

---

1年の最後でふがいない結果で終わってしまいましたがこれもまたミニ四駆。
また来年、気分を新たに公式大会頑張ろう!と思いました。

が!



やっぱり悔しいのでまずはみんなで食べまくって忘れることにしましたw
静岡にはさわやかがあるから素晴らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。