2015/10/03

ポータブルピットの最適化

今回はピットグッズに関する記事!


僕が普段大会で使用しているピットボックスの中身を紹介します。

僕が普段使用しているのはタミヤのポータブルピットを1段だけです。
前まではタッパーにマシンを入れていたのですが
フジヤマチェンジャー用のブレーキをつけてからタッパーに入らなくなったので
ポータブルピットに鞍替えしました。


で、中身はこんな感じです。
上段にマシン、下段にパーツと工具、蓋にセッティング用品といった感じです。


まず下段。
左から工具袋、電池ケース、モーターケース、モーター慣らし用シャーシ
パーツケース、オートディスチャージャーです。

電池ケースはサンワサプライの10本用
モーターケースはJC2013で売っていたダンガン用の同等品
パーツケースは100均のセリアのネイル用のジュエルケースです。

オートディスチャージャーは以前にも書きましたが


電圧計を内蔵して立体レースの電圧の現場調整用に使用します。
といってもアルカリで走っている間は使わないんですけどねw

で、工具袋の中身はこんな感じ


左から
デカールハサミ、プラスドライバー、ボックスドライバー
スパナ、分度器、ハイトゲージ(TOXIC)、ハイトゲージ(TAMIYA)
ピンセット、ダイヤモンドヤスリ、マッキー、オイルペン

ボックスドライバー(Exclusive)とスパナ(SQUARE)はどちらもナットとロックナット対応
分度器はスラストを測るのに使用します。
ハイトゲージはタミヤは0.5mm単位で大まかな範囲での調整、
TOXICは0.1mm単位なので微調整に使用します。

ちなみにこの工具袋、もとはデジカメとか携帯を入れるケースです。

あとは接着剤


サラサラの流し込み用のWAVEの×3Sと
ドロっとしてるタミヤの高強度タイプを使い分けてます。

---

次は上段


左から
中敷きに自作セッティングボード、マシンin車検箱
パーツケースその2、ランチョンマット

自作セッティングボードは以前かちょ~さんに作っていただいたものです。
ポータブルピットの中敷きと同じ寸法なので中敷きの代わりになります。
車検箱は以前タミヤの物販で買ったもの(再販はよ!)
ランチョンマットはお店のテーブルとかを使用する時に使用します。

---

次は蓋の中


左から、ブレーキ板、ブレーキ各種、パッシングシール、マルチテープ、メガネふき
それぞれのパーツは100均の小袋に入れてます。
スポンジは結構痛んだり、粘着面に埃が入ったりしますからね。
無印のメガネふきはクリーナーを使う際にキムワイプ等の代わりに使います。

これらとあとは


化粧筆、ホイールプーラー、アルミ塊、スコヤ、芯ケースが入ってます。

化粧筆はやはり100均でマシンの掃除用。
アルミ塊はどこでもモーターピニオンを綺麗に差し込むための土台です。
このあたりは少しでもリスクを減らすためにちゃんとしたいところ。
スコヤは垂直を測る工具で、ローラー軸の垂直を確認するために使います。

で、芯ケースはというとOHTO社のシャープペンシルの芯を入れるケースなのですが


替えのシャフトやプロペラシャフトを入れてます。

シャフト類は長さがあって場所を食うのでケースに入れるのも難しく
しかも曲げたり傷めたりしないようにしないといけないので
なかなか良い道具がなかったので困ってたのですが
やっと良いケースが見つかりました。

とはいえ気付いたんですが、2mmシャフトだけなら
中の芯を抜いた蓋つきボールペンに入れると実はすごく良いかもしれません。
ボールペンだからしまいやすくてしかも曲がらず
出す時もおみくじみたいに一本ずつ出せますねw

この辺をだいたい


蓋の中にごちゃっと入れてます。
あとは蓋の上部はスペアタイヤとかですね。

---

あとはポータブルピットとは別に



車検列に並ぶ時とかに使っているお弁当箱保温ケース。
セリアのお弁当保温ケースにタミヤのチェックボックスがピッタリ入ります。
これが意外と便利。

会場内は意外と走りまわってる人もいて、マシンをひっかけた経験もあるのと
なんだかんだで待ってる間にマシンに手汗がついたりするのでw
会場までの移動中はアルカリ電池や両面テープ、ストップウォッチを入れてます。
不足している収納を補えて一石二鳥です。

---

あとは敷物とかになるのですが、僕の荷物はだいたいこんな感じです!

ポータブルピットって収納力があるようにみえて、意外と使いにくい部分も多いので
こういう記事も何かの参考になるかな?と思って書いてみました。
上手く使いこなせば大会参加はコレだけで十分なのかなー。

1 件のコメント:

  1. 旅行と同じで、上級者ほど荷物が少ないですね。ピットボックスを使いこなす工夫の数々、チャンピオンズの速さの秘密を垣間見た気がしました。

    グリスやオイルは携帯されないのでしょうか?

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。