2015/05/06

2015.05.03 ミニ四駆GP2015スプリング 愛媛大会

今治港の漁協スペースで開催された
ミニ四駆グランプリ2015スプリング 愛媛大会に参加しました。


今年はじめての愛媛開催です。

前回の愛媛大会はいろんな移動ルートを模索しているのですが
今回は関空からピーチを使って松山空港からのルートで行ってみました。

で、松山空港から松山駅へ移動してそこから市内を散策。
松山城に行ってきました。


松山城は松山市の中心部にあり、その周りには城山公園があります。



で、これが松山城の外観なのですが
松山城の本丸、天守はどこかというと・・・


ここ。
遠すぎや!w
うん、これは昔の人も攻め入るテンション下がったろうなぁ


ちなみに景色はすばらしかったです。
疲れたけどw

そこから今治へ移動して愛媛遠征の際は必ず行く焼き鳥屋へ


店内は携帯禁止の昔ながらのガンコおやじのお店。
店主のノリが理解できればめちゃくちゃ面白いし、
ここの皮、肉詰めピーマン、レンコン、チキンステーキは絶品です。
また行きたいなぁ。

その後はホテルに帰って就寝。

---

レース当日


漁師街の朝は早い。


ミニ四レーサーの朝も早い。
スロープが海向きなのが非常に怖かったです。
スタッフの奥にちょうどよくあるエアロミニ四駆の旗も意味深です。
(ちなみに結果としては水没車0でした。リアル四駆郎は回避できたのであった)

この日はスロープ登りでコースアウトする人はかなり少なかったです。
というのも今回のウォッシュボードはこんな感じでした。


見えにくいので拡大してみます。
ついでに岡山大会のものと比較します。


上が岡山大会で下が今回の愛媛大会のものです(うぅ、画質が悪い)

ウォッシュボードは市販されたものと従来の公式用の2種類がありますが
高さはそれぞれ市販は5mmと10mm、公式用は6mmと11mmです。
前回の場合はおそらく公式11mmと市販10mmの積み重ねかと思いますが
今回のはおそらく公式用11mmを2枚積み重ねた高さは過去最高のウォッシュ。

差はたったの1mmかと思うのですが、これが結果としてエライことになりまして
走ってるかなりのマシンがスロープのストレートに激突するという事態に。
しばらく観戦していたのですが、1レースに1台以上は必ず激突してました。
・・・あんなに聞きたくない音たくさん聞いた大会は初めてです。

---

レースは1次予選が午前1回午後1回

というわけでまずは午前1回目
今回はかなり控えめで行こうと思い、ライトダッシュで挑みます。
ギアも3.5:1を3.7:1のEXギアに変更です。

で、結果は完走するもタイムは遅し。
さらにコースアウトはしなかったものの、ストレートの底に頭をぶつける事態が発生し
ボディが割れてしまいました・・・つらい。

---

お昼休み

漁協スペースでの大会は




会場限定商品がたくさん並んでました。
MCの櫻井さん曰く「シュワッとした麦とかで出来てる黄色い飲み物」
も売ってました。
なぜ表現を自粛したんだろうかw

鳥皮を使用した焼き鳥丼というのが売っていたのですが
鳥皮だけが食べたかったので、「鳥皮だけってできますか?」
と聞いたところ「できますよ!300円くらいで」とのことだったので



鳥皮と鯛飯を購入。
宇和島の鯛飯は生の鯛に出汁をまぜてご飯に載せるスタイルでしたが
今治港の鯛飯は鯛を使った炊き込みご飯でした。うまし
(なんかご飯食べてばっかや)

---

午後の1次予選

ストレートにぶつかる時の姿勢が傾いてぶつかってるので
岡山を思い出して勢いをつければ姿勢よくスパッといくのでは!?と思い
HD3を積んで挑んでみます。

結果、普通にぶつかる。
あ、はい

---

2次予選(チャンピオンズ練習走行)

どうにも手が打てなかったので午前1次までセットを戻してLDで走ります。
結果は無難に周回するも、ウォッシュで飛んでしまうことに。
これは厳しくなってきました。

---

チャンピオンズ一回戦

八方ふさがりだったので、もはや遅くするしかないと思い
モーターをアトミックチューンに変更。
アトミ+EX+ネオチャンプという、同じレイアウトとは思えないセットで挑みます。

結果は、1個目のウォッシュは難なくクリアするも速度はやはり不足。
そしてうっかり気にも止めてなかった2個目のウォッシュでコースアウト・・・
低速になると2個目も踏むってことを完全に忘れてました。

---

今回のウォッシュは全く太刀打ちできませんでした・・・
11mm+11mmはおそらく過去最高の難易度になると思うので
このウォッシュが攻略できればウォッシュボードは大丈夫!と言えそうなのですが
今回は全く見えませんでした。情けなや

そして今回のウォッシュはその事故率を考えても辛かったです。
コースアウトしたマシンがコースにぶつかるんじゃなくて
コースにぶつかってコースアウトするので見てて辛かったです。

もちろんそれを避けるのがコース攻略だとは思うのですが
ぶつかってパーツが飛び散る展開も結構多かったので
ジャパンカップはそういう展開にならないといいなぁ、と改めて思いました。
進行も滞っちゃいますしね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。