2015/03/28

セルマスターの静音化

今回は久々に機材の話


マッチモアのセルマスターという充電器です。

マッチモアのセルマスターはラジコン用の充電器で
ニカドやニッケル水素がメジャーな時代に一時代を築いた(と思われる)充電器で
今はラジコン界隈では使われなくなった、ちょっと昔の良い充電器です。

ラジコンと違いミニ四駆の世界ではニッケル水素が全盛期の現在
ミニ四駆用の電池を充電するのに使用する充電器としてみると
セルマスターは非常にメジャーな存在です。

で、そんなセルマスターの欠点として、とにかくうるさいです。
使っている限り、かなり信頼性の高い良い充電器なのですが
とにかく家族には厳しい充電器なのですw

で、このうるさいセルマスターを静かにしよう、というのが今回のネタ。

どのくらいうるさいかというと、動画を撮るとこんな感じ。


うん、うるさいですねw
これを静かにするのが今回のネタなのですが
と言っても内容としてはシンプルに、ファンを交換するだけ。

メーカーに送って静音ファンに交換してもらう、という手もあるようなのですが
いろいろめんどくさそうだし、中古品で購入することがほとんどなので
メーカーに送るのも気が引ける&対応してもらえるかもわかりませんよね。
なので自分でやってしまおうかと。

---

※先の分解、加工等の内容はすべて自己責任でお願いします

分解してファンの寸法を調べてみます。
ファンのサイズは40mm×40mmの厚みは10mmが良さそうです。
電圧は12V仕様でした。

というわけで適当にググってamazonで買ってみました。


アイネックス ケース用ファン40mm 薄型静音タイプ CFY-40S
静音タイプと書いているのできっと静かでしょう(願望)

とりあえず分解して既存のファンを外します。


左から黒、赤。
プラスマイナスを間違えないように覚えておきます。

で、買ってきたファンを


って3ピンじゃないかコレ!orz

白いコードはファンの回転数コントロールする部分っぽいのですが
これはつながなくても動きそうです。
なので、とりあえずプラスマイナスだけ合わせてつけます。

で、もう一個装着しようと思ったらこのコネクタ、厚みも厚くて2個重ならなかった・・・


というわけで右のコネクタを左のように出っ張りを削りました。
これでスペースは大丈夫のはず。

で、無事装着して(画像撮影忘れ)動作確認。
おお!静かになった!

↓静音化前


↓静音化後

うん、やってよかった。
というわけで無事静音化が完了しました。

費用としてはファン2個分だから2000円もかからなかったし
作業時間も慣れ次第ですが、小一時間程度。
これはもっと早くやるべきなやつでしたね。
ただ、ピンは2ピンのやつを選ぶべきでした・・・orz

あとは出力の問題とか不安点があるような気もするのですが
セルマスターはもともと8セルまでの電池を
10Aまで充放電できるようなスペックを持っている充電器です。

でも、ミニ四駆で使うような2セルを数A程度の充放電であれば
多少スペック不足のファンを使用してても問題ないんじゃないかって気がします。
これは何の根拠もない勘ですけどw

---

とりあえず、ファンを選ぶときは
・40mm×40mmで厚さ10mm (10mmより厚いと入らない)
・12V用
2ピン
これをポイントに選べばどれでもいけるんじゃないかと思います。

あ、もちろんファンそのものが静かであることが条件だと思いますが
セルマスター標準のファンよりうるさいファンっていうのも少ない気がしますw
でも静音タイプって書いてあればそれにこしたことないですよね。

どうせ中古品ですし、やって上手くいけば儲けもんって感じで
気になる方はやってみましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。