2014/12/29

黒くなったエナジャイザー1時間チャージャー

触れるのが遅くなったネタです。
僕はエナジャイザー1時間チャージャーを愛用してるのですが
ちょっと前から充電器が銀色から黒色に変わりました。


今回はそれの話。

ぱっと見てわかるとおり、充電時の点灯するLEDが変わってます。
ただ、それ以外は説明書を読む限りは仕様は何も変わってないように見えます。
充電の制御が~プログラムが~という噂も聞きますが実際どうなんでしょう?
同時に使用して比較してみました。

※前提
・僕は電気のことはほとんどわかりません。
・もちろん制御のこととかは測定する術も知りません。
・ミニ四駆用として使用するうえでの使用感の差とかをテストします。

まずこの検証にあたって、個別表示のLEDがないので
複数本での検証はできなそうなので、1本だけを充電する形でテストします。

と、いうわけで充電開始です。
電池はバラン6で単セル放電したものを0から充電してます。


黒は一個目のメーターが点滅中です。

約5分後


1個目は完全に点灯して、2個目が点滅してます。

さらに5分、スタートから約10分後


左2個が完全に点灯し、3個目が点滅してます。

さらに5分後のスタートから約15分後


左3つが完全に点灯し、4つ目が点滅してます。
静止画じゃわかりにくいw
その後、メーターが4つとも完全に点灯したら充電が終了です。

充電終了までの時間は約24分、ちなみに銀は約23分でした。
ちなみに何セットか充電して試してみましたが
常に黒のほうが1分ほど充電時間が長かったです。

充電終了直後の温度は



黒のほうが若干低いです。
これも何セットか見ましたが、黒のほうが平均して1℃くらい低いようです。
充電時間が長いからといって過充電になってるわけではなさそうです。
となると充電電流が黒のほうがわずかに低い?

充電後の電圧を計測してみたのですが
充電後3分後の計測(3分という数字に特に意味はないです)で
黒も銀もどちらも偏りがなく1.488~1.499の範囲でした。

充電後の電池を1時間ほど放置して(これもあまり意味がない時間です)
放電をして容量をチェックしてみました。(VGチャージャーで1A放電0.9Vカット)
結果は黒で充電した電池も銀で充電した電池も約930mAhでした。
電圧と放電容量どちらから見ても、充電された容量に差はなさそうです。

となるとやっぱり充電電流が黒のほうが若干低いと見てよさそうですね。
銀 950mAh / (23分/60分) = 2,478mA
黒 950mAh / (24分/60分) = 2,375mA
適当に充電電流を計算するとこんな感じなのかなぁ

@追記
他の方から指摘をいただきましたが、銀同士でも充電時間に差があります。
かくいうウチの銀2台も充電時間に差があったのを思い出しましたw
と、いうことでこの充電時間(と温度?)の部分は個体差の話かもしれません。

---

ちなみに分解して基盤を見てみましたが


僕には同じにしか見えませんでしたw
少なくとも、同じ基盤で同じ位置にチップを配置してるように見えます。
チップの型番やプログラムは違うのかもしれませんけど・・・



コイルの芯の色の違いは僕にもわかりました!w
黒のほうが充電器本体の発熱が大きかったのですが
内部温度が違う部分がちょうどこの付近なので発熱元として疑わしいです。
ここでロスして充電電流が若干下がってるのかな?わかりません。

---

中身を見てもまったくわからないので充電に戻りますw

とりあえず単セルでの充電の質は問題なさそうだったので
あとはスロットごとに満充電を検知していれば銀と同じで使えそうですね。
なのでそれもチェックします。

まずは最初と同じように1セルで充電して(2番スロット)


10分後にもう1セルを追加します。(4番スロット)


2番の充電を開始してから10分後に4番の充電を開始しました。
ちゃんと個別にカットしていれば4番が終了した時点で
2番の電池は充電終了から約10分が経って電池が冷めているはずです。

逆に個別にカットできていない場合
4番が充電終了した時点で2番が約10分間過充電しているはずなので
2番の電池の温度がさらに上がっているはずです。

そんな感じで個別カットをチェックしてみます。

で、、、結果。

まずは個別表示の銀

4番が終了した時の


2番

ちゃんと温度が下がってますね!

で、黒の4番


からの2番


ちゃんと温度が下がってます。
どうやらちゃんと個別カットはされてるようです。一安心。

で、この黒のほうを使用していて気付いたのですが
充電を開始してから別の残容量の電池の充電を開始すると
LEDの表示は低いほうにあわせて表示されてしまうみたいです。

なので今回のように2番を入れて10分後に4番を入れた場合
メーターのLEDの表示は4番のほうが表示されてしまい
さも2番が終わらずに充電されているように見えるのかもしれません。
見えてないけど充電は終わってるので安心して良さそうです。

---

と、いうわけで黒版についてまとめると

・ちゃんと満充電される
・ちゃんと個別にカットされる
・銀より若干充電電流が低く、満充電時の温度も1℃ほど低い(個体差?)

という感じです。

ちゃんと個別に満充電がされるので
家で充電して翌日(当日)にレースするような、現場充電禁止の環境の場合
何も気にせず家では黒を使用して良さそうです。
むしろ充電経過が多少わかる黒のほうが家充電向きかもしれないです。

で、現場で使用する場合ですが
これは個別に充電完了が見える銀のほうが便利かなぁと思います。
やっぱり個別に見えないのは不便です。

たとえば電池Aのセット(A1、A2)とBのセット(B1、B2)があったとして
Aを充電してるときにさらにBを充電した場合
個別ランプがないとAが充電終了したタイミングが見えないので
こういう4本同時に現場で充電するときは個別ランプがやっぱり便利です。

ただ、AのセットのA1とA2の充電終了が個別に見えても
ミニ四駆は2本で動かすので1本ずつのタイミングにはあまり意味がないので
同時に2本充電する、という縛りを設けて運用する分には
黒を現場で使用しても不便はなさそうです(せっかくの4セル充電器だけどw)

そんなわけで、エナジャイザー1時間チャージャー ほしいけど銀がないからなぁって悩んでいる人は
とりあえず黒を買っておけば問題ないと思います。
僕も家用は黒に変えようかな?
アバウトでいいから見えたほうが身動きしやすいw


故障しやすかったり満充電付近からの継ぎ足し充電のカットミスは
銀のころからの病気みたいなものなので
そのへんは価格なりのアレってことで見逃してくださいw

4 件のコメント:

  1. 銀が売っていなかったので黒を買ってみようと思っていました。
    ただ性能差についての情報が無かったのでとても参考になりました。
    とりあえず黒を買ってみようと思います。
    ありがとうございます。

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. >LEDの表示は低いほうにあわせて表示されてしまう

    有用な情報をありがとうございました。

    返信削除
  4. レポートお疲れ様です。
    充電器の中身はまあ同じと考えて良さそうですね。
    あ、ぼくも銀使ってます。

    なんでエナジャイザーは個別表示から一括表示に
    変えたんだろう・・・。
    普通は、一括表示から個別表示に改良されるんだけどw

    エナジャイザーに要望メールでも出そうかな。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。