2014/11/01

公式大会専用S2 マンタレイmk2

公式大会専用に新車を作りました。


以前に作成したマシンのリニューアル版です。

最近は白系のボディにすることが多かったのですが今回は黒基調。
以前にアバンテクリアで作成した布袋モデルを今回はマンタレイで作りました。


この幾何学模様、何回みても好きです。

シャーシとAパーツはエンペラープレミアムを使用。
エンペラー、スーパーエンペラー、グレートエンペラー、ホライゾンの4種類のプレミアムは
Aパーツと同色のワンロックギアカバーが入っているのでとても素晴らしいです。
なぜプロトエンペラーは黒のワンロックなのか。

それらの中で、今回はプラリンの色に合わせて青のAパーツがあるエンペラー。
ついでにキャノピーも統一してフロストライトブルーにしました。
色の系統は3色くらいに抑えるとまとまりが出て良い感じですね。

タイヤは前輪がスーパーハードバレルを26mmの幅3.5mm
後輪は白のハードバレルを26mmの幅3.5mmです。
本当は後輪は現行の黒にしようかと思ったのですが今回はこれで

---

フロント



いまや一般的な自作カーボンスライドです。

横から


S2はフロントアンダーが低すぎるので
フロントブレーキのために1段上げると使いやすいのは前回も書きましたが


今回はそこにバネ受けも作りました。
このプレートはARのフロント用2mmカーボンです。
もはや元の形がよくわからないですねw

---

リア


これも一般的な自作カーボンスライドで特筆することはなし。


リアもフロントと同様にブレーキ部分を1段上げてます。

で、リアのマスダンパーは


マルチワイドの穴と穴の間に穴をあけてピン打ちしてます。
2枚重ねで3mmある部分に打ち込んでるのでこれならまず取れなそうです。

---
車重


111.4g
なんやかんやで自分のなかではだいぶ軽くなりました。
今回はローラー軸やマスダン軸は2mm中空プロペラシャフトを使用しました。
いわゆる中空ピンってやつですが、まさか立体で使う時代になるとはなぁ。

軽くなったとはいえマスダンパーを減らしたわけじゃなく、構成が軽くなってるので
総重量:マスダンの比率で考えると、安定性が増してほしいところです。
あとはフロントを軽量オールアルミにしたいなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。