2014/05/27

2014.05.24-26 台湾遠征記② 超音速 日台交友レース

超音速さんで日台交友レースを行ってきました。


台湾二日目!今回のメインイベントです!

超音速は模型屋さんで、台北駅から地下鉄を乗り継いで約30分
丹鳳駅から徒歩10分のところにあります。


google MAPを頼りに歩いて・・・


ついた!
ここが超音速さんです。
超音速陽明TAMIYA田宮四驅車專賣店※google map
---

レースは14時から開始ですが、11時にお店に行って
店長さんやほかの台湾レーサーの方々と交流をしたり買い物をしたり。
中には記念撮影を求められている台湾でも有名な日本人レーサーも。


ちなみに店長さんは日本語がかなり上手で
質問に日本語で答えてくれたり、他の方との通訳になってくれたり
とても優しい素晴らしい方でした。
他にも地元のお弁当や飲み物をごちそうになったり



台湾のミニ四駆事情を教えていただいたり、
話をしていてとても楽しかったです。謝謝

と、お世話になってばかりいてもいられないので
今回もお買い物を



またワンウェイホイールw

買い物といえば、超音速にもオリジナルパーツの数々がありました。


欲しいならお店で作ってしまおう!っていう強さがすごいですね。

交流の傍ら、フリー走行も行われておりました。
今回のレイアウトはこちら


もちろん時計回り。かなりイケイケなレイアウトですね。

フリー走行の様子を見ていると、台湾の方々が非常に速い!
これは厳しい展開になりそうです。
ということで負けじとフリー走行で調整します。

レース形式はタイムアタックなのですが
超音速の店長が考えた方式のルールで行われます。
その名もTQ賽。賽は中国語でゲームの意味です。

ルールは簡単です。

・タイムアタックは時間内無制限!
・暫定の上位3名はマシンを提出、その間そのマシンでは挑戦できない!
・タイムが更新されて上位3名から脱落するとマシン返却・再挑戦可!
・終了時間での上位3名が入賞!

こんな感じです。

これがなかなか面白いルールで、
中途半端に入賞圏のタイムを出してしてしまうとしばらく走れないので辛く
トップタイムを出しても、もし1人に抜かれたらあと2人に抜かれないと再挑戦できない。
つまり優勝するには絶対的優位なタイムを出すしかないのです!

あ、一つ大事なことを忘れてました。

タイムアタックは1走10元(=台湾ドル)ですw
日本円に直すと約35円(2014/05/25現在)
つまり連コインすればガンガンアタックできるんや!w

そんなわけでレース開始!

入れ物に10元を投げ入れて


マシンをゴー!
スターターの方が「加油!」と応援してくれたり
速いタイムが出そうだとみんな盛り上がったり、この辺は万国共通!

なんとか一撃タイムを決めて一位になる!


も、その後にズルズルと抜かれて再度挑むことにorz

めちゃくちゃ甲高い音が走ってると思ったら、ウルトラだったりプラズマだったりw
「モーターはタミヤ製に限る」というルールでした。
みんなめっちゃ速いw
日本勢のほとんどはHD2やHDP、これは厳しい戦いや!

気合でねじ込めて再度1位に返り咲くも
現地の人が一撃決めて2位になる。


お、おう
スプリントダッシュってタミヤレギュ内でも普通に負けてる・・・

その後、世界的に有名なタオルの方がバシっと決めて


最後までタイムは更新されず、そのままの順位でフィニッシュ!



というわけで3位に入賞しました!やったね!

ちなみにエントリーフィーは合計で5300元(約18,000円w)になったとか。すごい!

で、優勝者や入賞者の賞品は・・・エントリーフィーを山分け!w
優勝者は50%、2位が30%、3位20%という配分です。

というわけで



ゲット!
泥臭すぎるwww

---

その後もフリー走行をして、現地の方々と一緒に走ったりして交流を深め
その日の夜は超音速の近所にある定食屋さんで食事をして


翌日は早いので、早々にホテルに帰りました。

以前より超音速の噂は聞いていましたが、店長さんが本当に良い方で
他のお客さんもすごく親しくして迎えてくれてとても楽しかったです!
また行きたいなぁ、と素直に思いました。ホントに。
というわけでまた行くぞー!

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。