2013/08/30

2013.08.25 ジャパンカップ東京大会2

ジャパンカップ2013 東京大会2に参加してきました。


東京では2回目の開催です。

全国各地で行われたジャパンカップ2013もいよいよ後半戦。
各地を転戦してレベルを上げたレーサーもいれば
前回の無念を晴らすべく燃えているレーサーもいる今大会。

定員は2600人で予選は完全に1人1回制。
走るのは午後にしようと事前に決めていたので計画通り午後ナンバー。
1300番台を貰いました。

しかし午後を貰うのはいいけれど会場入りは午前だったもので非常に暇w
とりあえずレース会場の下見をします。

この日は予報が雨だったので普段の地下1階広場ではなく


地上1階のイオン前。
普段は物販になってるところですね。

品川会場ではコースを2面敷いたら向きが違うのが普段ですが
地上で敷くと2面の向きが揃うんですね。
島田の時もそうでしたけど、2面揃ったデルタバンクは圧巻ですね。

片側のコースはスロープが登り下りともガタついてたり
逆バンクの設営が微妙だったりですがこちらがオープンのメインコース。
これは荒れそうな予感がしますね。

---

そんなわけで午後になってレースです。

とりあえず愛知大会から何も変えずに無難に出走します。
スタートして、スロープを登って下ってバーニングを・・・のぼらない!?

バーニングで止まって終了でしたw
ブレーキを変更してないのにこれはさすがに想定外でした。
今まで一度も無かったのになぁ。

スタート側では原因がさっぱりわからなかったのですが
かちょ~さんが動画を撮ってくださっていたので(ありがとうございます!)
改めて動画で見直してみると・・・


バーニングの上り坂のガムテープで止まったようで。


フロントバンパー擦りながら登るからマシンによってはここで止まりそう。
(ここ、普段は貼って無かったような気が・・・)

これは完全に自分のセッティングミスと観察ミスですね。
こういうこともあると思って次からは気をつけます。

同じように組んでてもその日その日で様子が全然変わるので
統一レイアウトって逆に難しいなぁ。
セッティングや攻め方を変更する勇気とタイミングが難しいですね。

---

1次敗退でしかも1発勝負だと書くネタが少なすぎて困りましたw
次はもうちょっと先にいってちゃんと書けるように頑張ります!

8 件のコメント:

  1. ミニ四駆GP以来のコメントになります。
    僕も彼女と大会参加したのですが、3月以来お互いに一次予選すら突破できずにしばらくスランプ状態が続いてたんですが、ついに僕ではなく彼女の方がぶっちぎりで一次突破と言う結果に・・
    自分も続けと思った結果、キスクさんと同じバーニングで止まってました。て言うかスイッチがOffに?!
    昨日新橋に行って走らせた結果、やはり同じバーニングで止まり確かめたところ原因が分かりました!
    実はVSを使用してるんですが、この前ターミナルを変えた時に間違ってS2のターミナルを着けていたという盆ミスでした。
    次のホビーショー大会にはちゃんとしなきゃなって改めて思い知らされました。
    すいません。長々となってしまいました

    返信削除
    返信
    1. >>ユウチさん
      コメントありがとうございます!
      彼女さんの1次予選突破おめでとうございます!

      VSのターミナルとS2のターミナルだと似ていますからね。
      VSの場合はスイッチがひっかかる形状になってるので、これを目印にしたいところですね

      削除
  2. こういう「その日のコースを隅々まで確認しましょう」の様な注意点も大変参考になります^^

    返信削除
    返信
    1. >>T.Kさん
      コメントありがとうございます。

      書いておいてなんですが、あまり自分はコースを見れないタイプの人なので
      レース後に初めて気付く、ということも多いんですよね。
      しっかり見る目を養いたいところです。

      削除
  3. はじめまして。
    いつもブログを楽しく読ませていただいています。マシン作りや電気のことなど、大変参考になります。

    今回の記事を見て、コースコンディションのチェックはとても大切だと思いました。

    次回の大会も頑張ってください。レポート楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. >>モリさん
      コメントありがとうございます。

      今回の例はたまたまですが
      普段から壁のギャップや床の傾斜は見る癖をつけると良いかもしれませんね。
      なんだかゴルファーの芝の目を見るような感じですがw

      削除
  4. 島田の後からは多分ガムテープ貼ってあるんじゃないかなぁ。
    バーニングのあそこってデフォルトで1mmぐらい逆段差になるっぽくて
    島田の時はサスが稼働してバンパーが刺さって、ひょろひょろになりながら出てきたときにはボディーが外れているという苦い思い出があります^^;


    なんにしても、あのバーニングは見えない位置にあるのが厄介ですよねぇ
    島田以降ひやひやしながら走ってます^^;

    返信削除
    返信
    1. >>N井くん
      なるほど、じゃあ愛知から貼ってあったっぽいのね。
      やっぱり注意が足りないなぁ・・・
      上り下りはたまに逆段差になってささるパターンありますね。
      これはデルタの登りもそうですが、バンパーがもげそうで怖いです。

      確かにスタートからバーニングが見えないのはちょっと困るw
      遅いか速いかは出てくるタイミングしかないかなー

      削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。