2013/05/15

3レーン立体用VS

タイトルのとおり、3レーン立体用のVSを作りました。
前々から作りたいと言っていたのですが、やっと作りましたw


ボディは数年前にフラット大会に初参加した時に作ったマンタレイmk2です。
タイヤもボディとシャーシに合わせてピンクにしました。

仕様としてはVSシャーシのサイドマスダン車です。
立体の制動は提灯のほうが圧倒的に上だと思うのですが
自分にはあまりマッチしなかったのでサイドマスダンにしました。
3レーンならそれでも十分に入ってくれます。


フロントバンパーはAR用フロントカーボンを左右で分割しました。

3レーンだとLCがあるので右前はスラストが必要になるのですが
逆に左はスラストがほとんど必要なく、抜いたほうがタイムが稼げるので
左右で独立してスラスト調整できるように左右分割のバンパーにしました。
角度としては右前4度、左前1.5度くらいになってます。

自分はフロントローラーは前輪に近い方が好きなので
フロントローラーが前輪に近づくように穴の位置は開けなおしてます。

フロントローラーは左右共に軽量WAを使用。
マスダンパーはAR用サイドマスダンの物を使用してます。


3レーン立体はブレーキが占める要素が大きいと思ってるので
フロントアンダーはブレーキが貼れる構造になってます。

ブレーキは緑スポンジをメインで使用して
レイアウトによってリアのブレーキを変えて調整します。
両サイドには大径スタビヘッドを付けて前転を防止してます。


リアはAR用リアカーボンにゆとりピン打ちというお手軽セッティング。
ローラーは定番の830ベアリングに紫ピニオンを削って圧入してます。
モーターピンはビス頭がないためローラーの下段を下げやすく
上段もナットがないうえに長い分、適度な高さを出しやすいです。

リアのマスダンパーは公式の上位層がやっていたスクエアのスイング型。
ブレーキプレートにビスが出ないのでセッティングが楽ですね。


リアアンダーはX用リアステーを穴調整してひっかかり防止。
さらにそこからステーを伸ばしてサイドマスダンのアームにしてます。
最近のマイブームですw


上から見るとこんな感じ。
サイドのみで止めてるものと比べるとサイドガードへの負荷が小さいので
シャーシの寿命が延びるだけでも御の字かなと思います。
衝撃分散的な意味では挙動が暴れにくい気がします(暗示)


車重は約129g
軽くも重くもない標準的な重量ですかね?

---

マシンもできたし今年はいろんなショップに行けそうです!


* 追記@2013.05.22 *

タイヤの精度があまり良くなかったのと速度が余る感じがあったので
タイヤをさらに削って26.3mm→25.7mmにサイズダウンしました。
ついでにタイヤ幅もレギュギリギリの8mm(正確には8.2mm程度)にカットして
切り返しの速さと足回りの軽量化を狙ってみました。





パッと見はあまり変化ありませんがw


車重はさらにちょっと軽くなりました。
この辺が良いバランスかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。