2013/05/28

2013.05.25 新橋ミニ四駆チャレンジ

ミニ四駆チャレンジ エキスパートクラスに参加してきました。


先月に続いて2か月連続の参戦です。

今回のレイアウトはひさしぶりの立体交差レイアウト。
ホームストレートから180度曲がってハーフストレート後にスロープ登り。
スロープの登りの後がストレート1枚なのでイヤでも速度が制限されます。
これはチューン系でも余る可能性が高いですね。

スロープの下りには芝とウェーブが配置。
芝でミスするとウェーブで弾かれるので着地は一発で決めないとダメ。
さらにブレーキが強いとバーニングは登れないという
これはかなり難しいレイアウトですね。

---

練習走行は1人2回。
いそいそとトルクPROに積み替えてトルクPRO+3.7:1
電池は前日充電のネオチャンプでスロープ上りCO
2分ほど放電追加して走行するもスロープ上りCO

ブレーキは黒である程度下げてるので
もう放電調整しかないような、、、これは厳しい戦いだ。


第1ヒートは電池交換をして放電しなおしてトライ、超過でCO

第2ヒートはさらに放電してトライ、完走してタスキゲット!


とりあえず一回は完走できたw
今回からマンタレイmk2にボディを変えてみました。
ただ、未作成につきとりあえずの仮ボディです。

2次予選は下りの芝で横転してCO。
やっぱり芝はやられたかー。
ウェイト積まないと難しいですね。


第3ヒート以降は先日のJC用VSのテスト走行。
手持ちがアトミしかないのでアトミ+3.7:1で挑戦。
第3,4,5とスロープ上りで3COかまして終了。
MSと同じタイヤ径とギア比なら片軸アトミのほうが速いに決まってますねorz

というわけで今月のチャレンジは非常にハードな結果でした。うぬぬー
ま、まぁJC用車両のシェイクダウンは出来たわけだし!

---

今回の内蔵サスにはフロントに19mmAAを使ってみたのですが
自分としてはサス車とは相性良くないなぁって感じがします。

というのも19mmAAは面積が広いので
下り着地の時にフェンスにぶつけやすくて入れにくい気がします。
後からウェイトが落ちてきてねじ込める提灯やマスダン車はいいのですが
足で入れなきゃいけないサス車にはちょっと難しいかなぁ。

となるとフロントはやっぱりWAか11mmとかに戻るかな。
うーん、もうちょっと考えないといけませんね。

あと、新橋はいろいろ荒れているのが基本なうえに
レースはだいたい低速でパワーソースが余ることになるので
マスダンなりなんなり、もうちょっと安全装備を積もうと思いました。
マシンの見直しですね!

2 件のコメント:

  1. 去年の17mm発売以降、17mm19mmの径の大きなフロントローラーを使ってますが、ジャンプの挙動、飛び降りの挙動、着地の挙動。立体セクションの全体で常に不安定です。5周出来ても10周が出来た無かったり。。。大きなローラーの方が継ぎ目に強いはずなのですが「お!今の「19mmのおかげやな!」って思うより「あ!今の19mmのせいだ!Orz」と思う事が多いです^^;

    >自分としてはサス車とは相性良くないなぁって感じがします。
    の部分にすごく共感を持てて、同時にJCのセッティングの決心がつきました^^

    返信削除
    返信
    1. ギャップに強けりゃ綺麗に飛べるんじゃね?と思って使ったのですが
      着地の収まりが悪くなったのでこれはなぁって感じです。
      大径ローラーはやっぱり扱いが難しいですね

      JC、どうしようかなぁ自分w

      削除

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。