2013/05/01

2013.04.28 スプリングGP東京大会

品川シーサイドで行われたスプリンググランプリに参加してきました。


今回の大会はスプリンググランプリということで
先月までとはレイアウトが変わって今度はクライムサーキット。
今年も早々にナイアガラ(ver2)が登場です!


普段だと各シリーズの初戦が東京大会の場合が多いのですが
このスプリンググランプリは東京大会が全国通して3会場目。
普段と違って様々な情報が出た中でのレースなので
レースの組み立て方がだいぶ変わる予感がします。

この日のマシンはVSサイドマスダン車


3レーン用のマシン作ってたら衝動的に作りたくなったマシンです。
スプリングカップ~ジャパンカップで使用する予定で作りました。
ほぼ半年このマシンで戦う予定ってことですよね。長いなー

コンセプトとしては完全に割り切ったマシンで
立体で浮かなければ立体制動部品なんて削って良くない?というもの。
平面で稼いで立体部分は止めるイメージですね。
立体制動が弱いのでドラゴンバックで飛ぶかわいいヤツですw

当初の想像だとLDでヘルクライム上に載せようと思っていたのですが
レースを見ていると載せて勝つには速度が足りない雰囲気だったので
モーターをHD2に変更。

速度超過する可能性が高いのでギアは3.7:1に落としたうえで
電池をある程度放電して調整することに。


---

というわけで1次予選(午前)

スタートした瞬間速い感じでウォッシュボードが想像以上に怖い感じ。
それでもなんとかヘルクライムまでたどり着くw
肝心のヘルクライムは狙い通り上に乗る、よしよし。

順調に周回を重ねて、ファイナルラップのヘルクライムでCO。
出口のギャップにちょうど刺さった感じ?
着地位置が悪かったのかなぁ。

速度的にはマージンがまだありそうだったので
午後は電池をさらに放電、ブレーキもワッシャー1枚さげることに。


1次予選(午後)

スタートさせたところ速度はあまり変わった雰囲気無し。アレ?
すごい勢いでウォッシュボードに突っ込む。コレはアカン!
なんとか攻略してヘルクライムは、先ほどよりベタベタ。
これは安全に見れそうだ。

あとはヒヤヒヤしながらウォッシュボードを見続けて
なんとか5周してゴール!タスキゲット!


・・・そうだ、タスキじゃなくなったんだった。
スプリンググランプリから1次予選通過のタスキが紙に変更されました。
これ、なんて呼べばいいんだろう?シンプルに"2次券"とかなぁ

測ってもらった完走タイムを見るとだいたい39秒フラットくらい。
悪くないペースなので2次予選も同じ速度で行くことに。


さて、2次予選。

・・・と思ったのですがこの日は参加者が1700超。
さらに午前午後と2回の予選があったおかげで、
2次予選参加者は理論値的には約600人。多い!w
600人が全員一斉に呼ばれてると思うと、待ち時間がすごく長いですね。


人が減るまで待って改めて2次予選。

スタート!180度ターン!ウォッシュボード!コースアウト!

すごく早い形で2次予選敗退しましたw
1次予選でもウォッシュボードで結構浮いてる感じはあったので
やっぱりかぁ、って感じでした。

その後はレース観戦。

優勝者の走りは圧巻でしたね。
飛びの姿勢も平面の速度も付き詰まってる素晴らしい走りでした。
チャンピオンにふさわしい走りって感じでした!
かっこいいなぁ

---

スプリングGPは遠征の予定無しなので自分のスプリングはこれで終了。
次の公式参加はいよいよジャパンカップの東京大会かな?

スプリングを見ているとヘルクライムは既に攻略されている感じなので
逆バンクがどう影響するかでジャパンカップが方向性が決まりそうですね。
今から楽しみですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを記入する際に
"コメントの記入者" 欄で "名前/URL" を選択すると
ハンドルネームとURLを入力することができます。